So-net無料ブログ作成

上棟式 [現況]

2012.10月吉日 上棟式

この日の天候は曇りのち晴れ。午前中は少し肌寒かったのですが、昼からは過ごしやすくなりました。

DSCF1106.JPG
既に前日までに足場は組まれていて、大工は棟梁+5名、クレーン技師1名で午前8時より棟上げが始まりました。

DSCF1051.JPG
プレカットされた木材はこのトラックで4台分。工務店社長から「うちで使う木の量は半端じゃないですよ」とは聞いていたものの、これほど多いとは思いませんでした。

DSCF1107.JPG
トラックに積まれている木材を、電線の上から下からと自在にクレーンで運び入れます。なんでも、このクレーン技師は棟梁のご指名だそうで、連携作業が実にスムーズでした。

DSCF1108.JPG
気が付いたら土台(ヒバ)は先に敷かれていて、基礎との間に黒いパッキン(JOTOキソパッキンロング)が入っていました。これで基礎の通気を取るわけです。

DSCF1109.JPG
4寸角の無垢の柱(檜)が次々と立てられました。

DSCF1110.JPG
梁(米松)はクレーンで上から寄せた後、大工さんが柱に組み込んでいきます。1階部分が組みあがったところで、午前中の休憩となりました。

私とママでお茶出しをしながら進み具合を聞いてみたところ、予定どおり夕方までには終わるとのことで、我々は上棟式の準備のため、一旦引き上げました。

DSCF1111.JPG
夕方、再度現場に着くと、見事に棟木まで組み上がっていました。こうやって家の形が見えてくると、建てている実感が出てきますね。

DSCF1112.JPG
上棟式の準備も始まりました。工務店さんが梵天を、仮設の照明は電気設備屋さんに準備いただきました。

DSCF1113.JPG
ささやかではありますが、お食事やお飲物を準備させていただきました。生鯛はお供え用です。このあたりも工務店さんにアドバイスいただけました。席は根太の上に直接座り、これから使うであろう木材を利用して大工さんに簡易テーブルを設置していただけました。

元々、この上棟式を行うかどうかは、工務店さんとの契約時に尋ねられました。特にやり方に決まりはないそうで地域によっては餅まきをやったりするところもあるそうです。その一方で、施主さんによっては省略する方もいるようです。

我々としては、家を建てていただく方々への顔見知りと気持ちを伝えることは必要で、こういう機会でなければ家づくりに携わる一同が揃うこともないわけですし、そもそもこんな経験は滅多にできないわけなので、上棟式を行うことにしました。やり方は工務店さんにお任せしました。

DSCF1114.JPG
まずは、建物の四方をお浄めしました。棟梁が酒、私が塩、ケンタが米をそれぞれ角に添えて浄めます。

その後は祝宴になりました。まずは乾杯して、工務店社長の挨拶に続き、施主である私からも一言ご挨拶をさせていただきました。

木の香りがする建屋の中で、談笑しながらの上棟式は堅苦しいこともなく楽しいものでした。

特に棟梁については、着工前に工務店社長から「茶髪で、ピアスで、ベジタリアンで、格闘家」と面白おかしく紹介を受けていたためママが構えていたところがあったのですが、実際は茶髪・ピアスは間違いないものの、鶏肉は食べられるし、格闘技は以前ジムに通っていたことがあるぐらい。年齢的には我々とほぼ同じなこともあり、人柄もいいので、ママも安心したとのことです。

この工務店では、現場監督を入れず、現場はすべて棟梁に任せる昔ながらのスタイルをとっています。なんでも、まともな現場監督がほとんどいないからだそうですが、今日のスムーズな作業を見ていると、優秀な棟梁と大工メンバーを確保できるのであれば、確かに現場監督は不要だなと思いました。

もう一つのお祝い

DSCF1115.JPG
そしてこの日は、偶然にもケンタの誕生日でしたので、席上にバースデーケーキを用意しました。すると、大工さんのほうから「みんなでハッピーバースデーを歌いましょう」と提案いただき、上棟式の出席者全員で合唱となりました。これは大変有り難かったです!!
ケンタもとても喜んでいましたし、出席者のほうも「こんな上棟式は初めてです」と笑っていました。

最後に、棟梁に閉めの言葉をいただいた後、私から一人一人にご祝儀を渡しながら最後の挨拶を交わし、式は終了となりました。


お陰様で、我々とって大変印象に残る、思い出深いイベントとなりました。出席者の皆様に心よりお礼申し上げます。
タグ:上棟式
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

天窓マイスター

おめでとうございます。
私自身も十数年前に体験しました。
職業柄もあり、今まで52年間生きてきて、自邸の上棟式ほど、うれしい時間はありませんでした。
大切になさってください。
by 天窓マイスター (2015-05-28 21:50) 

ケンタパパ

天窓マイスターさん、コメントいただきありがとうございます!

上棟式の思い出は、この家にいる限り、ずっと心に残っていることと思います。

ケンタも自身の家を考えるようになったら、きっと思い出してくれるのではと思いますね。

by ケンタパパ (2015-05-29 22:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

「いい家」とは?工法について ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます